about

幼い頃感じる世界はずっと広く、不思議や発見に満ちあふれていました。見るものすべてが新しかったころ、異国の童話の世界は魅力的で想像力をかき立てるものでした。
日常にある当たり前に知っているものでも、新鮮な気持ちを思い出し見直すと今まで感じていなかったり、忘れかけていた魅力を再認識させられます。

自分にとってものづくりとは今もむかしも新しい視点の発見です。幼い頃の記憶をたどって、当時感じた気持ちや世界観をアクセサリーで表現していきます。